一つの道をとことん追究して、たくさんの道を知る人。たくさんの道を知って一つの道の深さを知る人、道なんかどうでもいいっておもってる人、浅い道だけを求める人。本当に人はそれぞれなんですね。僕は一つの道を追究するのが好きです。じゃあ、僕はどんな人が好きなんでしょう。一番最初に同棲した女の子は、何も考えない子でした。でも愛してました。それから何人もつきあったり、友達もいました。一つの道、たくさんの道、浅い道、いろんな人がいましたが、好きな人は好き、いやな人はいや、それでわかったことは、自分と同じ考え方の人がすきってわけじゃなくて、どんな考え方をしてても自由なんだってことのような気がします。格闘技も何を好きになってもその人の自由だし、強い、弱いは関係ないと思います。