習氏、トランプ氏に新安保を提唱米中南北の平和協定も

習氏、トランプ氏に新安保を提唱

米中南北の平和協定もワシントン共同中国の習近平国家主席が3月9日にトランプ米大統領と電話で北朝鮮情勢を協議した際、朝鮮戦争の主要当事国である米中と韓国、北朝鮮の4カ国による平和協定の締結を含む新たな安全保障の枠組みの構築を提唱していたことが31日、分かった。複数の米中外交筋が明らかにした。

国連軍と北朝鮮、中国が1953年に締結した朝鮮戦争休戦協定の平和協定への移行を念頭に置いているとみられる。習氏は日本に言及しておらず、南北、米朝の首脳会談後の交渉を、4カ国を中心に進める考えを示唆した可能性がある。

トランプ氏は明確な賛否を示さず、圧力維持を習氏に求めたもようだ。

再生核研究所声明3552017210おかしな日本の外交戦略賢明な外交戦略

日本の外交精神が心もとないので、いろいろ勝手な意見を表明している

再生核研究所声明33820161220ロシアとの付き合いについて

再生核研究所声明342201719日本の外交についての考察

再生核研究所声明344(2017111理解できない韓国の慰安婦像建立の意思

再生核研究所声明345(2017112弱い日本の国家戦略

再生核研究所声明3482017123個の人間を離れて広い視野で

トランプ政権の出現に際して

再生核研究所声明3492017124衰退する日本の大学国を憂えて

生核研究所声明3502017125日本国の在りようについての考察トランプ大統領就任の機会に

再生核研究所声明3512017130トランプ壁についての提言トランプ大統領の公約

広く議論して、賢明な政策を進めて欲しい。ここでは、次第に具体化してきたトランプ大統領の政策に対する賢明な対応と考えられる姿勢を述べて置きたい。

先ず、おかしいのは尖閣諸島日米安保条約の適用地域だと外務大臣や首相自ら相当必死に迫っている件である。なるほど、経緯からすれば、中国の占領は軍事的には当然であるから、政府が焦ってうろたえているのは良く理解できる。実際、対抗施策をいろいろ準備している。これは上記声明でも詳しく述べているように、日本の中国挑発の愚かな政策を継続させるもので、如何に愚かであるかを述べて置きたい。アメリカが尖閣諸島の防衛責任をお願いされれば、日本の軍備増長、基地の充実、経費の負担増を求めるのは当然で、実際具体的に求められ、おめでたい政府はさらにそれらの増長を進めているばかりか、アメリカへの貢献に汲としている。これほど明確な愚策はないのではないだろうか。

尖閣などほっといてもアメリカが防衛に乗り出さないわけには行かないのは歴然である。そうでなければ、アメリカは世界中の物笑いになり、大国アメリカの威信が保てないからである。逆に、アメリカの一部に、中国を誘き寄せて中国を叩き、同時に、日本の従属体制を強めたいと考えるものもいるのは当然である。日本政府は余計な事を言って、従属姿勢を強めていると考えられる。これは、日中の最大の弱点、アキレス腱であるから、アジアの愚か者にならないように注意したい。日中争わせれば欧米は再び、アジアを衰退させることが出来る再生核研究所声明49アジアの愚か者、アジアの野蛮性

トランプ政権が軍備増長を要求して来るのは歴然で、日米関係の重要性は当然であるから、具体的な対応には、日本軍の充実によるアメリカの基地の縮小、友好平和の機運の増長に務めるべきである。究極的な戦力は文化力であるから、防衛大学の総合化などで長期の視野に耐えられる方面の充実に向けられるべきではないだろうか。情報、宣伝戦、世界への意志の発信方法の考え方や具体的な有り様の政策の充実が求められる。

いまアメリカで争われているトランプ大統領と司法の対立関係の様はその国際反響と共に、具体的な今後の変形戦争の様として学習できるのではないだろうか。国際情報宣伝力、世界の状況の理解、国内治安の充実、国境警備の充実などが求められる。しかしながら、愚かで恥ずかしい世界史の進化を図るための総合戦略、地球の環境保全などが世界の大義であるから、そちらの面での戦力の充実を図るべきである。人類が地球のがん細胞であったとは成りたくないものである。

以上

追記

美しい国、日本2008/2/11:

今日は、建国記念日です。日本には、世界に誇るべき美しい文化と人類を導く良い考え方があると思います。多額の借金と少子化及び教育の荒廃によって、このままいくと日本国は、衰退の道を辿る事にならないでしょうか。何とか、日本国の再生を期したいと思います。もちろん、日本国の神話は大事にすべきではないでしょうか。

美しい国、日本

日本は美しい島国です。

豊かな水で多くの川が流れています。

日本には山が多く、山は緑に覆われ、また雪に覆われたりしています。

日本の空と海は美しく、多くの詩と夢を育んできました。

日本は大きなひとつの家族のようで、みんな一緒に助け合ってきました。

言葉がなくてもお互いに理解でき、細長い国のため、四季とともに多様性にとんでいます。

日本には天皇陛下がおられて、家の氏神様の頂点におります。

天皇陛下のおられる皇居は日本の美しいものの、心の源になっています。

ですから先の大戦では天皇のお言葉一つで完全なる終戦を迎えることができたのです。

京都は千年をこえる日本の都でしたので、日本人の故郷です。

多くの人は京都を訪れて、故郷に帰ったような不思議な郷愁を感じるのです。

伊勢は古代からより古い日本人の故郷です。ですから日本の首相は新年にまず伊勢神宮を参拝するのです。

日本の文化には自然とともにある繊細さがあります。俳句や和歌を多くの人が愛でて、人に優しく気遣いができるのです。遠くのインドのお釈迦様の教えや中国の孔子様の教えが、美しい風土からうまれた神道と共に溶け込んでいるのです。

これが世界に唯一つしかない美しい日本国です。

再生核研究所声明3502017125日本国の在りようについての考察トランプ大統領就任の機会に

再生核研究所声明348でトランプ大統領に対する希望と政治社会などにも真智への愛は大事で、科学的真理と同様に個の人間及び個人の私情を越えて言わば論理的、客観的に議論すべきであるとして、自由に国の在りようなども議論すべきであるとした。国の在りようなども真理の追究のように考えて行こうと述べている。

そこで、ここでは例として、日本国の在りようについて現実的に全体的に述べてみたい。

まずは、日本国の危機に繋がる尖閣諸島問題を簡潔に述べたいこれは次に良く表現されていると考える

恥ずかしい、NHK始め日本のマスコミ

再生核研究所声明324201610:01日本国民の初歩的な誤解真相を知らされていない

石原元都知事が中国挑発尖閣クリントン氏発言沖縄

内部告発サイトウィキリークス米大統領選候補のクリントン氏が米金融大手で行った非公式の講演会の内容を公開した件で、クリントン氏が尖閣問題について、従来棚上げ状態だったものが中央政府に行動を強いた日本の国粋主義者によって悪化したと発言していたことが分かった。石原慎太郎東京都知事による尖閣諸島購入の動きが中国を挑発したとした。クリントン氏は当時、外交政策を取り仕切る国務長官で、同氏が大統領に就任した場合、尖閣問題については、日本側が緊張を高めたとの認識に基づく対応を取ることが考えられる。

ウィキリークスが公開したのは2013年6月4日に米金融大手ゴールドマンサックスで行われた講演の記録。

クリントン氏は尖閣を巡る従来の日中の対応はお互いに何もせず、あまり関心を払わず、そのままにしておこうという方針だったと説明。しかし石原元東京都知事が個人所有だった尖閣諸島を買おうとし、中国を直接的に挑発したとした。その後、日本政府が東京都知事に買わせてはまずい。中央政府として購入すべきではないかということになり、政府が国有化を決断したと話した。

琉球新報

尖閣、領有宣言などして良いことはありましたか。近づくこともできず、警戒と緊張、軍拡、アジアに緊張をもたらしている。ぼんやりしていると、戦乱、アジア壊滅に。島は、都のものになったのでしょうか?購入するなど馬鹿げたことを考えていた人がいたのでは?情けない。

アジアに内乱が起きたらどうなるかと真面目に考える必要が。良心的な政治家、カーター大統領は尖閣は、日本が悪いと言っていましたね。NHKはじめ、日本のマスコミは、真相を報道せず、一方的に日本の立場しか伝えていない。なぜ尖閣問題は起きたか、考えるべきでは?単細胞的に、理論的に考えれば、尖閣問題は日本の負けでは?

日本の賢明な対応は挑発者の断罪と謝罪では?早いほうが良い。しかし、中国がサッチャー首相のように軍を出せば、消耗戦になり、中国と日本は壊滅になるのでは?

中国と対峙する愚かなことを志向せず、和の精神を大事にして友好関係に努力すべきである。しかるに日本政府は、中国を封じ込めのような虚しい努力を周辺国に資金をばら撒きながら行っていると考えられる。

次に、対アメリカ関係であるが、日米関係は日本外交の要であるから、日米友好同盟関係を気遣うは当然である。トランプ大統領は自国優先を公言している。そこで、これを活かして呼応すべきである。米軍の駐留費の増額などを求めて来るような場面では、日本の防衛安全は日本国ができるだけ自力で行なう姿勢を鮮明にし、駐留規模の縮小を目指し、日本軍の充実で対応する。アジアの緊張関係を緩めるためにも、上記中国との関係改善、友好関係を進めるべきである。

自国の防衛、安全政策であるが、専守防衛構想で、ハードなものは抑制気味、対情報、宣伝戦、治安に対する総合力を高める必要があるのではないだろうか。日本外交の能力不足は日韓国関係の変な状況にも顕に現れている。靖国神社問題、慰安婦問題何れも的外れの中傷、言いがかりである、それらを封じられないのは日本の外交戦略ができておらず、情報宣伝能力が弱く、情報戦で圧倒されているからである。情報戦は次時代の戦争に当たる、文化戦になるのではないだろうか。そのような面での総合的な国家戦略が求められる。

そこで、国の方向は次のように述べたい

要するに国家はどのように考えれば良いか。文教予算を大幅に増加させ、大学の教職員の待遇を良くし、人員を増加させ、設備を良くするように国策として進めるべきである。中国は国策として、数学の研究と教育を重視し、それゆえ、数学の分野での躍進が近年目覚しい。中国が積極的に学生を広い世界に派遣しているのは顕著な事実である。他方、日本では、そのような力を失っているように見える。日本の財政状況が相当に厳しいのは勿論承知している。しかしながら、他方、海外援助を相当派手にバラマキのような状況とも言えるやっており、さらに、軍事費を大幅に増加させている。海外援助や軍備拡大と大学のどちらを重要視するかの観点で考えるべきである。大学は人を育て、文化を創造、発展させていく原動力、拠点ではないだろうか。民族の、国家の命運を掛けて充実させて行くべきではないだろうか。兵器など軍事援助や治安の援助、経済援助ではなく、文化面での国際貢献を志向したい。香り高い文化で美しい日本国を侵略する、誹謗する国など世界に存在しないような、世界がそのようなことを許さないような日本国の在り様を目指したい。今尚、国家の安全を深く、広く思考し\xA1

⊄从槪鯀躪臈Ľ帽屬困襪里鰐渭逝膸槪任△襦◀気蕕法⇒ソ┐文Φ羲圈∋彖朮函〼歃儔箸魄蘋丨掘∪こΔ謀験ǂ掘∪こ♢砲鮨焚修気擦襪茲Δ並臺Ě擁Ľ鬚匹鵑匹麈攴个気擦燭い發里任△觝得験妨Φ羹蠕写\xC03492017124。

以上

再生核研究所声明342201719日本の外交についての考察

年頭に当たって日本の外交について考察、在り様を大局的に具体的に提案したい。もちろん、再生核研究所は愚かで恥ずかしい世界史を進化させて良い世界を切り拓くことを志向している。さらに世の関係は公正の原則に基づくべきだと述べてきた。それゆえに関係する相手国、あるいは周辺国にも受け入れられるものでなければならない。

相手の立場に想いを致すは基本であるから、自己中心の考えは厳しく戒められなければならない。

先ずはアメリカとの関係である。日米関係は日本外交の要であるから、アメリカの意思を正確に捉えて、日米関係を壊さない配慮は重要である。トランプ大統領の出現は世界の流れであり、行き過ぎた国際化の反省時期、世界は内政重視に向いていると見るべきである。そこで、この流れを相当に受け入れる姿勢が大事ではないだろうか。トランプ大統領に正面切って逆らうような姿勢は取るべきではなく、消極的に付いていくような姿勢が良いのではないだろうか。トランプ大統領が日本との関係を弱めようとすれば、それに同調するような形で、少しずつ、日本の自主性を回復させるような方向を志向すべきである。

次に対中国姿勢であるが、日本はアメリカと中国の言わば覇権争いに、巻き込まれないように注意して、両国の対立の愚かさを回避して世界に貢献すべきである。そのための第1歩は尖閣諸島領有権宣言を撤回、挑発者、関係者の断罪と謝罪を公に行い、平和志向の日本の姿勢を世界に宣言すべきである。平和憲法の維持も宣言すべきである。この姿勢はアメリカの代表的な元大統領や元国務長官の言明があるので、大いに尊重すべきである。

恥ずかしい、NHK始め日本のマスコミ

再生核研究所声明324201610:01日本国民の初歩的な誤解真相を知らされていない

石原元都知事が中国挑発尖閣クリントン氏発言沖縄

内部告発サイトウィキリークス米大統領選候補のクリントン氏が米金融大手で行った非公式の講演会の内容を公開した件で、クリントン氏が尖閣問題について、従来棚上げ状態だったものが中央政府に行動を強いた日本の国粋主義者によって悪化したと発言していたことが分かった。石原慎太郎東京都知事による尖閣諸島購入の動きが中国を挑発したとした。クリントン氏は当時、外交政策を取り仕切る国務長官で、同氏が大統領に就任した場合、尖閣問題については、日本側が緊張を高めたとの認識に基づく対応を取ることが考えられる。

ウィキリークスが公開したのは2013年6月4日に米金融大手ゴールドマンサックスで行われた講演の記録。

クリントン氏は尖閣を巡る従来の日中の対応はお互いに何もせず、あまり関心を払わず、そのままにしておこうという方針だったと説明。しかし石原元東京都知事が個人所有だった尖閣諸島を買おうとし、中国を直接的に挑発したとした。その後、日本政府が東京都知事に買わせてはまずい。中央政府として購入すべきではないかということになり、政府が国有化を決断したと話した。

琉球新報

尖閣、領有宣言などして良いことはありましたか。近づくこともできず、警戒と緊張、軍拡、アジアに緊張をもたらしている。ぼんやりしていると、戦乱、アジア壊滅に。島は、都のものになったのでしょうか?購入するなど馬鹿げたことを考えていた人がいたのでは?情けない。

アジアに内乱が起きたらどうなるかと真面目に考える必要が。良心的な政治家、カーター元大統領は尖閣は、日本が悪いと言っていましたね。NHKはじめ、日本のマスコミは、真相を報道せず、一方的に日本の立場しか伝えていない。なぜ尖閣問題は起きたか、考えるべきでは?

単細胞的に、理論的に考えれば、尖閣問題は日本の負けでは?

日本の賢明な対応は挑発者の断罪と謝罪では?早いほうが良い。しかし、中国がサッチャー首相のように軍を出せば、消耗戦になり、中国と日本は壊滅になるのでは?

この文章は日本の置かれている最も危険な状況を表しているから、真面目に、真剣考えるべきである。アジアに内乱が起きれば、アジアは壊滅、世界は大混乱に陥るだろう。

次には対韓国問題であるが、日本を逆なでしている問題は、おかしな議論として、きっぱり拒否し、当分、関わらない、近づかない姿勢が良いのではないだろうか。日本の甘い理不尽な態度が韓国を侮辱し、恥を世界に晒していると判断される。基本は次の2つの声明で良く理解できると考えられる

再生核研究所声明1012012103慰安婦問題おかしな韓国の認識、日本の認識

再生核研究所声明492011216アジアの愚か者、アジアの野蛮性

もちろん、アジア分断や混乱の方向を避け、和の精神で友好関係を進めていくのは当然である。

北朝鮮問題であるが、これはアメリカなど、国連常任理事国に基本的に任せ、日本は直接的な交流は実益主義で割り切って交流すべきである。

対ロシア問題については、下記に纏められている。

再生核研究所声明33820161220ロシアとの付き合いについて

ウクライナ問題を抱えて、欧米ではロシアに対する厳しい態度をとっている。日本国は基本的には欧米の側について、欧米第一に考えるべきであり、欧米の許容範囲内での付き合いに限定すべきである。対中国についてもそうであるが、日本はできれば欧米と中国の橋渡し、あるいは欧米と中国の緩衝地帯の役割をアジアの一員として果たしたいと考えるべきである。しかしながら、いざとなれば、日本はアメリカに付かざるを得ないのは戦後のアメリカの偉大なる貢献と実績を見れば、歴然である。日米友好関係は日本外交の要である。

苦しい財政状況の中で、日本は派手に、能力を越えて援助活動を行っているように判断されるが、多くは援助そのものが援助される国に貢献するとは限らず、また感謝さるなどと甘い判断をせず、まず自分の国を大事にするは、如何なる国にとっても当然のことであると注意を喚起して置きたい。

以上